戸建ての住まいとマンション

住まいを売って新たに購入する 分譲マンションは、比較的交通の便が良い場所に建てられるので、立地が良いことが大きなメリットのひとつです。それに対して戸建ては郊外に建てられることが多いです。戸建ては土地の比率が高いため、立地が良いと土地代が高くなります。そのため自然とこのような分布になります。自分の住まいを持つ際にマンションにするか、それとも戸建てにするかは迷う人も多いと思いますが、ひとつはこの立地の点をどう考えるかが基準になってくると思います。車がある人は車庫代も含め戸建てに魅力を感じるかもしれません。車がなくて夫婦共働きなら、少しでも通勤に時間がかからないよう、立地の良いマンションに魅力を感じる人も多いでしょう。

私の現在の住まいは戸建てで、大変な田舎にあります。最寄駅もよく存じないほど車がなければ生活できないような場所です。電車で移動することもたまにはありますが、バスを乗り継いでいかなければならず大変不便ですので、基本的には車で移動します。そんな田舎ですが、すぐ近くに分譲マンション建設の計画があります。需要が見込めると思ったからこそ計画が持ち上がったのでしょうが、こんな不便な場所に果たしてマンションを買う人がいるのか、と他人事ながら心配になります。マンションのメリットのひとつである交通の便が悪いのですから何が良くて買うのかと思ってしまいます。もちろんマンション住まいのメリットは立地だけではありませんが、土地が高くないこの地域では戸建てのほうがよほどメリットが多いと思います。売れ行きに注目しています。